【沐浴これだけでOK】沐浴の方法と最低限の沐浴グッズ、絶対おすすめベビーバスのご紹介!

出産後、退院すると毎日自宅で行わなければいけない「沐浴」ですが、慣れるまでは誰でも緊張してしいます。私も出産後産院で沐浴指導を受けましたが、実際家で一人で沐浴を行おうとすると「これで合ってたっけ?」とドキドキすることが多かったです。

また、沐浴グッズも色々と紹介されていて、出産準備の間にあれもこれも買い揃えてしまいがちですが、実際に使わなかったり、使う期間が短かったりと、思ったよりも「これは必要なかったな…」ってものが多いのも事実です。

私の経験も合わせて、今回はそんな「沐浴のやり方」と「これだけあれば大丈夫!必要最低限沐浴グッズ」をご紹介します。

沐浴はコレだけあれば大丈夫!

沐浴について

沐浴とは?

生後1ヵ月ごろまでの赤ちゃんは、大人と同じお風呂ではなく、ベビーバスなどを使って入浴します。これを一般的に「沐浴」と呼んでいて、まだ免疫力の少ない赤ちゃんを細菌感染などから守る目的があります。

私たちがいつも入っているお風呂には、いくら丁寧に掃除をして新しいお湯をはっても雑菌が存在しています。そにため、抵抗力ついてくる1ヶ月ごろまでの赤ちゃんは、専用のベビーバスを準備してお風呂に入れてあげる必要があります。1カ月検診でお医者さんの許可が下りたら、大人と一緒の入浴に切り替えていくようにしましょう。

沐浴の頻度はどのぐらい?

赤ちゃんは新陳代謝がとても活発で、見た目で汗をかいていないようでも、実は多くの汗・皮脂を分泌しています。

また、おしっこやうんちでオムツに触れるお尻周りも汚れることが多いので、肌を守るためにも、新生児の頃から基本的には毎日洗って清潔にしましょう。

でも、赤ちゃんをお風呂に入れるって、育児初めてママにはとても緊張することだし正直疲れるのも事実。私は産院で、ママの体がつらい、どうしても時間がないという時には、入らない日が1日くらいあってもOKだと聞いていたので少し気が楽でした。(新生児期が冬場だったというのもありますが)
その場合は、お風呂に入れられなくても、ガーゼで汗をかきやすい箇所を優しく拭いてあげたり、お尻周りだけでも清潔にしてあげるといいですね。

逆に、汗をかきやすい夏場は1日に2~3回入れてあげても構いません。1日1回にこだわりすぎず、赤ちゃんの様子や肌を見ながら入れてあげてくださいね。

お風呂に入れる時間帯は、赤ちゃんに生活リズムをつけるためにも、いつも同じくらいの時間に入れてあげるのが理想です。でもこれも必ずそうしなければいけないものではありません。その日の赤ちゃんの様子を優先させてください。

沐浴の注意事項

・赤ちゃんの元気がなく母乳やミルクの飲みが悪いときや発熱している時は沐浴を控えましょう。

・授乳前は避け、授乳直後の時は30分位あけてからにしましょう。

・沐浴の時間は10分~15分くらいを目安にしましょう。

いざ沐浴!これだけでOKな必要最低限グッズ

ベビーバス

我が家では沐浴する時期が冬場だったこともあり、リビングの暖かい部屋で行いたく、キッチンのシンクを使って沐浴を行いました。
そのため購入したベビーバスがこちら↓

全国送料無料 日本製 ソフトタブワイド 伊勢藤 容量約23L ベビーバス 沐浴 折りたたみ 折り畳み 桶 洗い桶 洗濯 ペット 洗濯物 たらい バケツ 大型 ビニール 洗濯かご バスタブ フットバス カゴ コンパクト ISETO ホワイト イセトー

そうですね、ベビーバス専用ではありません。
というのも沐浴って新生児期の1ヶ月程度しか使用しないものなので、わざわざベビーバス買うのに抵抗があったんですよね。なので色々調べて

・シンクで使用できるサイズ
・収納がかさばらない
・沐浴期間が終わった後も別の用途で使用できる

これらをクリアしたてたどり着いたのが、このベビーバスだったんですよね。
結果としては大正解でした!

うちのシンクは縦41cm横63cmの一般的なサイズだと思うんですが、こちらで問題なく使用できました。うちでは沐浴期間終了後はタオルの漬け置き用バケツとして使用していますが、別に何にでも用途変更できるので、あって困るものでもないかと思います。折りたためば洗濯機横の細いスペースにも収まっちゃいます。

ボディソープ

我が家ではこちらのボディソープを使用していました。

ピジョン 全身泡ソープ しっとり 本体(500ml)【KENPO_12】【ピジョン 全身泡ソープ】

色々調べた結果、やはり片手で赤ちゃんを支えているので、できるだけ無駄な作業を省きたい。そうなると泡で出てくるものが使い勝手が良いんです。ぬるぬる残りもそんなになく、流しやすいと感じました。

ガーゼ

わざわざ沐浴用ガーゼなどを買う必要はありませんでした。
出産準備で15枚ほどのガーゼセットを買っていたので、そのガーゼをそのまま沐浴で使用していました。

1回の沐浴で、2枚使います。1枚は顔、体を洗う用、もう1枚は体にかけてあげる用です。赤ちゃんは何かに触れていると安心するようなので、体に1枚でもガーゼが乗っている方が落ち着いてくれます。

タオル

こちらも沐浴専用タオルなどは必要ないです。さらにバスタオルでもいいのですが、小さい新生児の赤ちゃんにとって大人の使うようなサイズのバスタオルは大きすぎて返って使い勝手が悪かったです。
使うサイズはフェイスタオルで十分でした。

保湿ケア用品

赤ちゃんの肌は大人の4分の1ほどの薄さだそうです。
沐浴上がりは赤ちゃんの肌に優しいベビー用の保湿ローションや、保湿クリーム、ベビーオイルなどを必ず使いましょう。

それぞれ赤ちゃんによってや季節によってなど、どのぐらい乾燥しやすいかなどが違うので、一概にこれがお勧めというのはないのですが、我が家では、圧倒的な楽天のレビューの高評価を見てこちらの保湿ローションを購入しましたが、真冬でも特に乾燥や湿疹などで悩むこともなく、とても塗りやすくて評価通りの商品でした!

アロベビー【公式】アロベビー ミルクローション 150ml 送料無料 ベビーローション ベビーミルクローション ベビーオイル ベビースキンケア ベビークリーム 乳液 赤ちゃん 新生児 オーガニック 国産 無添加 保湿 ALOBABY alobaby

綿棒

お風呂上がりはベビー綿棒で耳の穴や鼻の穴のケアをしっかりとしてあげましょう。薬局などでオイル付きや、サイズ違いなど色々とあるかと思うのですが、お風呂上がりに使用するだけであれば我が家では100均で売っているもので十分でした。

いざ、沐浴の手順

①ベビーバスにお湯を準備

お湯の温度は夏は37度~39度、冬は38度~40度くらいが適温です。給湯器があればその温度に設定して、なければ湯温計などで確認しましょう。
お湯の量はベビーバスの1/2から2/3程度を入れておきます。

②赤ちゃんを裸にしてガーゼをかける

次に赤ちゃんの服を脱がせ、体にガーゼをかけます。
左手は赤ちゃんの首の後ろをしっかりと支えます。赤ちゃんの耳は閉じなくても大丈夫です。右手でおしりを支えます。この状態で足からお湯の中に入れてあげます。
ガーゼの上からゆっくりお湯をかけます。

③顔を洗う

洗面器のお湯にガーゼを浸し軽く絞って、目から顔全体の順に拭きます。
目:めやにをとってから目尻から目頭に向かって優しく拭きます。
顔:額から鼻のわきへに3の字を描くように拭きます。
このとき、1回ごとにガーゼをすすぎましょう。発疹がひどい時は顔もボディソープで洗いましょう。 その際はガーゼに石鹸をつけ、目や鼻、口の周りは避けて拭き、そのあときれいなお湯で拭き取ってください。

④頭を洗う

手でボディソープを泡立て、手のひら全体で大きな円を描くように洗いましょう。 その後ガーゼで石鹸をよく落とし、ガーゼを絞って頭の水分を拭き取ります。

⑤体を洗う

首→両手→胸→おなか→両足の順に洗います。
首や脇の下、足の付け根、ひざの裏側などくびれの多いところは丁寧に洗いましょう。洗うときは最小限の露出にとどめて布をかけ直しましょう。 おへその周りもやさしく洗います。足はお湯の中で洗います。

⑥背中・お尻を洗う

赤ちゃんの首の後ろを左手で支えたまま右手を脇の下に入れて両手を使ってゆっくりとうつ伏せにします。 そして石鹸の泡で背中とおしりを洗います。この時に顔がお湯についていないか気をつけましょう。 うんちやおしっこで汚れているおしりは特に丁寧にボディソープで洗いましょう。

⑦タオルで拭いて、保湿ケア、服を着せる

赤ちゃんをタオルに移動し水分をふきとります。ゴシゴシこすらずポンポンと押さえるように拭きます。
このタイミングでボディローションなどで体全体を保湿してあげます。
次におむつをあてます。その時におへその周りの水分をとります。綿棒やタオルの端を利用しましょう。
洋服を着せ終わったらお鼻と耳を綿棒できれいにしてあげましょう。

まとめ

今回は新生児期間に行う沐浴についてまとめました。

生まれたての赤ちゃんを迎え入れてから、パパが初めて行う育児もこの「沐浴」の場合もあるかと思います。数回産院で練習を行っているママに比べると、新生児の小さい赤ちゃんを抱っこするだけでも怖いというパパもいるかもしれません。ただ、どんなことでも慣れば肝心です。ぜひ今回のこの記事をパパにも読んでもらって、育児に積極的に参加してもらってください!

タイトルとURLをコピーしました