【要注意な妊娠中の体重】適正な 体重 は?増加は何kgまで大丈夫? 体重 管理のコツをまとめてご紹介

妊娠中に 体重 が増えるのは当たり前のこと。ですが、いくら体重が増えてもいい訳ではありません。赤ちゃんに栄養を送るはずが、食べ過ぎによって逆に赤ちゃんの成長の妨げになることもあるんです。

ママの現在の体重や妊娠週数と照らし合わせて、適正な体重増加を目指しましょう。

先生に怒られた!妊娠中の体重増加!

妊娠中の理想的な体重増加量

妊婦さんの理想的な体重の増え方は、元々の体型や健康状態によってそれぞれ異なります。妊娠中の体重増加を考えるうえで指標となるのが、平常時のBMI(Body Mass Index)という指数です。

まずは、以下の計算式をもとにあなたの妊娠前のBMIを算出してみましょう。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

BMIは健康を管理する上で肥満や低体重の判定にも使われており、BMI18.5~25.0が標準体型とされています。

妊娠前の数値が標準体型に収まっている妊婦さんの場合は、妊娠中に7~12kg程度の体重増加が理想的であると言えます。

BMI18.5未満で痩せ気味な妊婦の場合は、妊娠中に9~12kg程度の体重増加が理想的です。

BMI25.0以上は元々の体型が肥満傾向にあると判断され、妊娠中はしっかりと体重管理が必要です。肥満体型の妊婦は定期的な診察を欠かさず受けて、医師の個別指導に従うことを心掛けましょう。

また、この増加数値は妊娠期間10カ月で単純に割って計算するよりも、妊娠中期〜後期に赤ちゃんの成長が加速する時期になることを念頭に入れておきましょう。妊娠中期〜後期は1週間で0.3〜0.5kg程度増えることを想定し、妊娠初期は体重の増加を抑える様に心がけ流ことをお勧めします。

体重 増加が妊娠に与えるリスク

妊娠中の体重増加は、赤ちゃんと母体の健康に大きな影響を与えるため、体重管理はとても需要になります。

妊婦さんの体重増加が少なすぎると、妊婦の貧血、切迫早産、低出生体重児の出産などのリスクが高くなります。実際、近年の日本では低出生体重児が増加しています。その場合の小さく生まれた子は将来、糖尿病や心臓病などの生活習慣病を発症しやすいことがわかってきました。

逆に妊婦の体重が増えすぎると、特定の病気を発症させるリスクが高くなります。具体的には妊娠高血 圧症候群や妊娠糖尿病のほか、分娩時の異常などを起こすリスクも上がります。

妊娠前からの健康な身体づくりが大切ですが、 妊娠中も、元気な赤ちゃんを出産するために、体重増加を適正にコントロールすることはとても重要です。

まとめ

ひと昔前は「赤ちゃんのためにも2人分ご飯を食べなさい」なんて言われていた様ですが、現代では考え方が全く違います。

妊娠して、赤ちゃんのために良かれと思って食べていると、どんどん体重が増加して、結果的に赤ちゃんもママ自身も苦しめることになるかもしれません。

身体も身重になっていき動くことも難しくなるかもしれませんが、出来るだけ食事で体重管理を行っていけるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました